見立てレーザー抜毛で全身抜毛をする際の恐れ

見立てレーザー抜毛で全身抜毛をする際の恐れ

カラダ脱毛を見立てレーザーで行う際にはリスクも予め承知しておく必要があると思います。見立てレーザー脱毛はレーザーが黒い色調に副作用して照射罹る為に、黒くない表皮所への重圧が少ないという特長があり、比較的安全で安心できる脱毛コツです。また表皮に不幸が残るユーザー(例えばアレルギーを有するユーザー、ナーバス表皮のユーザー、シミしているユーザー)に対してはレーザーの条件を入れかえる事によってリスクを最小限に押さえる事が可能ですのでやはり安心して脱毛を受けて頂く事が可能です。ではどう言うリスクが見立てレーザー脱毛にはあるのか以下にご紹介してみましょう。

 

【赤み】
見立てレーザー脱毛を終えた以後、表皮に赤みが掛かる事があります。赤みのバリエーションに関してはいくつかありますので以下にて批評します。

 

・全体的に赤みが出てしまう
例えば男性が髭の脱毛をするのに見立てレーザー脱毛を使用して脱毛した形式ですが、髭の部分は濃い髪の毛が1箇所に集中して密集して生えていますよね。こう言う所はレーザーの副作用が比較的激しく出てしまいます。そうすると髭の所全容や1所に対して赤く患う事があります。この赤みは脱毛を増やすたびに弱まってきます。赤み自体は1週間程度で治まってきますので安心して下さい。

 

・毛穴に沿って出てしまう赤み
レーザーは髪の毛の黒い色素に副作用してしまうのですが、その際に毛穴部分にパッション副作用がかかってしまう為その部分が赤くなってしまうと言う様になります。但し1日程度で消えますのであまり心配する事はありません。